はりまぜ屏風

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画の日:「クローズド・ノート」

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

短くもない我が人生で見た映画の中で、一番好きな作品は、「今、会いにゆきます」(笑うな!)。それほど大好きな竹内結子だから、今週の映画の日は「クローズド・ノート」。

画像まあ、映画の出来は65点か70点、かろうじて赤点は免れたというところかな。それでも、「今、会いに行きます」ほどではないにしても、竹内結子はまだまだ美しくいいなぁ。あの、表情が好きです。目に、視線に何とも言えない力があります。そう、目力(めじから)。伊勢谷友介がまたまた素敵、精悍という言葉がピッタリ。美しい風景の中の二人は、もう、いつまでも見ていたかった、出来はイマイチでも私としては良い映画でした。

映画全体を覆うのは甘美にして懐かしい空気、舞台はどうやら架空の街らしい。街ばかりでなく、時代もまた現代でもなく過去でもない架空の時代、こんな学校、こんな先生、こんな生徒、あり得なーい、行定監督はこのごろリアルがお嫌いらしい。でも、こんな甘い非現実世界もたまにはいいかも、だって映画ですから・・・

そうなんです、竹内結子と伊瀬谷友介ばかりではなくて、旅番組か?というほどの美しい風景もなかなか素敵でした。この夢の街は一体どこ?京都?、でも、ちょっと違うような、撮影場所は何処かなぁと思ってエンドクレジットを見たら、どこか特定の街で撮影されたのではなくて、いろいろな街のイメージにあった、いかにもそれらしい場所で撮られたことがわかりました。いわば、コラージュの街、嗚呼映画だなぁとちょっと感動。これから見る方はぜひ街のたたずまいに注目して下さい。そして、エンドクレジットにも。
それにしても、行定監督は古い下宿屋さんがすきですねー。

忘れてはいけない、沢尻エリカさん、とっても可愛いで〜す。でも、意外に良くなかったというかこの役はちょっと不向きという感じでした。画面いっぱいにアップになる顔を見ていて、沢尻エリカって、意外にイジワル顔だなぁ・・・あ、今話題だからと言うわけではありません。たぶん、表情が硬いというか変化に乏しいためだったと思います。まだまだ、これからの女優さん、今は明るい喜劇の方が向いていると思います。それなら、イジワルには見えないかも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画の日:「クローズド・ノート」 はりまぜ屏風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる