はりまぜ屏風

アクセスカウンタ

zoom RSS 歌舞伎座3階最前列からー10月夜の部は玉三郎の「阿古屋」&松禄の「髪結新三」

<<   作成日時 : 2015/10/29 23:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10月もあと2日で終わりなのに、今更ながらですが、10月の歌舞伎座夜の部は玉三郎&菊之助&亀三郎の「阿古屋」と2代松禄追善 当代松禄初役が初役で新三をつとめた「髪結新三」、いつものように、3階席の最前列で見ました。3階最前列は舞台の全体が見渡せるので、役者さん一人一人の芝居が意外によく見えます。

「阿古屋」:すでに評価の高い玉三郎の傾城阿古屋は、豪華絢爛の花魁の正装姿で琴、三味線、そして胡弓を自らライブ演奏、それはもう、凄いです、圧巻です。そして、玉三郎の阿古屋、菊之助の畠山が並んだ姿は本当に美しい、眼福ってこのことよねっ!と、まぁ、確かに一見の価値がある舞台ではあります。でも、わぁ、すごーい!わぁ、キレイ!!という以外、今回の「阿古屋」はかなり退屈な芝居でした。それが証拠に何度も意識が遠くなるぅ・・・玉三郎も菊之助もなんだか、あまりにそっけなくて、芝居が私の心に響いて来ない。
亀三郎の岩永は、人形振りが動きすぎ。ちょと笑いを取ろうとして頑張ったように見えてしまいました。

「髪結新三」:2代目松禄の当たり役だったという新三,それを、似ているとは言いがたい当代松禄がつとめる追善興行、少し前だったら、当代は”そもそも、無理な話なんじゃね?俺ってカッコよくねーし”って自分から言ってしまっているような芝居をしたと思う。でも、今回は、化粧からガラリと変えて、とにかくキリッとしたカッコイイ江戸前の粋なハンサム野郎になりきることにかなり成功!努力が自信になって、舌っ足らずもほぼ解消したのは、本当によかったね、松禄さん!ま、後半はこの頃、すっかり自在な芝居ができるようになった左団次の大家にすっかりくわれてしまって、ちょっと残お念賞。でも、左団次も菊五郎も、そして、スペシャルゲストの仁左衛門もとっても嬉しそう、なんだか、アットホームに松禄さんの成長を喜んいるようでした。

写真は、髪結新三の初鰹!歌舞伎座タワーの歌舞伎座ギャラリーに展示されていました。
(ギャラリーは写真OK)
画像



を当代

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歌舞伎座3階最前列からー10月夜の部は玉三郎の「阿古屋」&松禄の「髪結新三」 はりまぜ屏風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる