はりまぜ屏風

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017.05.23 #坂東楽善 #坂東彦三郎 #坂東亀蔵 #襲名披露公演 昼の部

<<   作成日時 : 2017/05/25 01:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


昨日は、「団菊祭五月大歌舞伎 坂東楽善、坂東彦三郎、坂東亀蔵襲名披露 坂東亀三郎初舞台披露公演」を見に歌舞伎座へいってきました。昼の部、夜の部を通して見たので、昼の11時から夜の9時過ぎまで丸一日歌舞伎座…疲れましたわ、さすがに。

昼の部の襲名披露演目は、「石切梶原」。新彦三郎の歌舞伎座の大きな空間の隅々まで響き渡る深い低音は心地良く、本当に新彦三郎の大きな魅力、役者としての財産です。そして、昼の部の襲名披露狂言「石切梶原」の梶原景時はその声に良くマッチして、すっきりとした容姿とも相まって、清々しく"素敵"でした。それに、歌舞伎座の大舞台でこうした大きな主役は、初めてのことと思われるのに、清々しく堂々として音羽屋ぁ掛け声がよくハマって?いました。これから、どう言う役者に育っていくのか、楽しみです。
私としては、ぜひ、「白波五人男」の南郷力丸が見たい!彦三郎の祖父市村羽左衛門の南郷力丸は、本当に素敵でしたから。

昼の部はこの襲名狂言披露狂言の後に、海老蔵・菊之助で「吉野山」と菊五郎の「魚屋宗五郎」。

菊五郎の「宗五郎」は、前半の「魚屋内」が今更言うまでもなく、菊五郎のもう、芝居ですらないかのような自然さ、そして、支えるアンサンブルの面白さで、いい舞台を見たなぁと心から感動できました。後半の磯部邸は…このハナシは、菊五郎の名演技をもってしてもと言うか、むしろ、名演技だからというべきか、今回も全く納得できませんでした。今回、磯部主水の酒乱があっさりスルーされたのは、酒乱からの殺人をゴメンで済ますのは、あんまりよねぇと言う批判があるためでしょうね。

海老蔵・菊之助の吉野山は、綺麗だけれど、退屈な作品になってしまいました。まず、忠信狐と静御前の関係が全く不明と言う奇妙さ。静御前は思わず知らず、忠信に義経を見て、そこに色気が漂い、また、忠信狐は静御前に母親を見て、そこに、少年色香が…それがどちらにも全く無いのなら、この所作ごとは、一体、何を見ればいいのか。そして、海老蔵の決まりゴトと決まりゴトをつなぐ動きが素に戻ってしまう癖は、やはり、つなぎパートもしっかり、"踊って"ほしいと思わずにはいられませんでした。

冒頭の写真は坂東家三代襲名披露公演の祝い幕。墨流し風?+光琳風の鶴が粋でシック。最近の襲名披露の中でもこれは。お気に入り。ただ、襲名披露の祝い幕は、今後、地方公演の追っかけをしない限り、2度とお目にかかれません。ちょっと、勿体ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017.05.23 #坂東楽善 #坂東彦三郎 #坂東亀蔵 #襲名披露公演 昼の部 はりまぜ屏風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる